性能・機能をまとめて比較

iPhone6sとiPhone6s Plusのスペックや性能、機能をiPhone6/6 Plusとまとめて比較。
基本スペックから新機能、iPhoneで気になるバッテリーの性能などを紹介します。

spec1 spec2

機種変更


iPhone6sとiPhone6s Plus

本体カラーは新色を追加

iPhone6s/6s Plusでは、従来のスペースグレー・シルバー・ゴールドに加えて、女性を意識してか新色のローズゴールドが追加。goldpink


軽量化よりも堅牢化

ポケットに長く入れていると折れ曲がってしまうと騒動になった「べンドゲート問題」を解決すべく、Apple Watchで採用された強度のある7000系アルミニウム合金を使用。少し厚みを持たせたことで、iPhone 6sの重さはiPhone6より14g増えて143gに。iPhone6s Plusでは192gとiPhone6 Plusより20g増。結果的に軽量化では無く、本体強度はかなりアップした。


3D Touch(感圧タッチ)搭載

Apple Watchなどに搭載されて話題を呼んだ「3D touch」機能も採用された。これによってディスプレーにかかる圧力を細かく感知できるようになり、従来のタップ・スワイプ・ピンチなどのほかにも、「ライトプレス(軽押し)」「ディーププレス(深押し)」などの新たな動きが追加され、操作性にさらなる奥行きが生まれた。touch


カメラの性能

メインカメラ(iSightカメラ)は800万画素から1200万画素、インカメラ(FaceTimeカメラ)は120万画素から500万画素へと大幅にパワーアップ。フルハイビジョンの4倍の画素数を誇る「4K動画撮影」や動く画像が撮影できる「Live Photos」、ディスプレーをフラッシュとして代用する「Retina Flash」なる新機能も追加。Camera

4K動画撮影

カメラ機能の向上の中でもメインカメラ(iSightカメラ)で使用可能になった4K動画撮影が大きな特徴。3,840×2,160の30fpsで高画質な動画が撮影可能。

Live Photos

シャッターボタンを長押しすることで撮影する「Live Photos」。Live Photosでとったものをタップすると動き出します。壁紙にも使用できる動く画像です。

Retina Flash

インカメラ(FaceTimeカメラ)の新機能として「Retina Flash」があります。インカメラ側にはフラッシュが無いので、ディスプレイをフラッシュさせて光量を得る事ができる機能です。


 

プロセッサ

iPhone6s/6s Plusには「A9」が搭載されています。今までの「A8」に比べてCPU性能が70%向上し、グラフィック性能(GPU)が90%向上。M9モーションプロセッサはA9に直接連結させることでパフォーマンスが向上し、プロセッサ単体で見るとバッテリー消費駆動時間も向上。統合型のM8により「Hey Siri」と話しかけることでSiriを常時起動することができるように。A9

機種変更

PAGE TOP