iPhone

【ソフトウェア】Apple Watch用「watchOS 3.2.3」ソフトウェア・アップデート公開。問題の改善とバグ修正

watchOS 3.2.3

Apple Watch用の「watchOS 3.2.3」ソフトウェア・アップデートが公開されています。
watchOS 3.2.2からのからの詳しい変更点は、“問題の改善およびバグの修正”とされています。

含まれているセキュリティアップデートの詳細はこちら(英語版)。

watchOSのアップデート方法

アップデート手順

ペアリングしているiPhoneを操作して、Apple Watchをアップデートします。

iPhoneの「Apple Watch」アプリで
マイウォッチ > 一般 > ソフトウェア・アップデート
を開きます。
「ダウンロードとインストール」をタップして、使用許諾へ同意します。
iPhoneのパスコード入力も求められます。

アップデート時には、Apple Watchが以下の条件を満たしている必要があります。

  • Wi-Fi接続されたiPhoneの通信圏内にある
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている

またiPhoneはWi-Fi接続されている必要があります。

公式サポート情報:Apple Watch 上のソフトウェアをアップデートする – Apple サポート

ニュース解説

アップデート内容は5月に公開されたwatchOS 3.2.2と同じで、新機能の追加などはありません。
iOS 10.3.3、Mac/Windows用iTunes 12.6.2も同時公開されています。

Apple Watchのソフトウェア・アップデートは、iOS以上に時間がかかります。
朝でかける前などの作業は、おすすめしません。

関連記事

  1. 【iTunes Store 今週の映画】スティーブン・ソダーバー…
  2. 【iBooks Store 今週の無料ブック】阿部和重の短編小説…
  3. 【キャンペーン情報】Apple Store「分割金利0%キャンペ…
  4. 【ニュース】iPhone Xの新しいCM「Memory」
  5. 【豆知識】BeatsXなどBeats製品を買うと付いてくる「Ap…
  6. 【キャンペーン情報】Apple Store公式アプリ内で、「Pr…
  7. 【セール情報】Netatmoウェザーステーション用追加モジュール…
  8. 【ニュース】Apple Store各店に、iPhone 7/7 …

ピックアップ記事

ピックアップ記事

PAGE TOP