iPhone

【ソフトウェア】Apple Watch用「watchOS 4.2」ソフトウェア・アップデート公開。Apple Pay Cash(米国限定)への対応など、新機能追加とバグ修正

watchOS 4.2

Apple Watch用の「watchOS 4.2」ソフトウェア・アップデートが公開されています。
watchOS 4.1からのからの詳しい変更点は以下(リリースノートから引用)。

このアップデートには、新機能、バグの修正および改善が含まれます。

  • Apple Payを使用して、“メッセージ”またはSiriで友達や家族間でお金の送金、請求および受領が可能(米国内のみ)
  • “ホーム”に、スプリンクラーと蛇口のHomeKitへの対応を追加
  • Apple Watch Series 3で、他社製のAppがダウンヒル・スノースポーツの距離、平均速度、滑走回数、標高差を記録できる新しいワークアウトタイプへの対応を追加
  • Siriに天気を尋ねたときに、Apple Watchが再起動してしまう問題を解決
  • “心拍数”でスクロールができない問題を修正
  • 同時に作動しているタイマーまたはアラ−ムを別々に終了させることができない問題を解決

一部の機能は、デバイスや国や地域によっては利用できないことがあります。詳しくは次のWebサイトを参照してください:
https://www.apple.com/jp/watchos/feature-availability/

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

含まれているセキュリティアップデートの詳細はこちら

watchOSのアップデート方法

アップデート手順

ペアリングしているiPhoneを操作して、Apple Watchをアップデートします。
watchOS 4以降へのアップデートには、iOS 11のiPhoneが必要です。

iPhoneの「Watch」アプリで
マイウォッチ > 一般 > ソフトウェア・アップデート
を開きます。
「ダウンロードとインストール」をタップして、使用許諾へ同意します。
iPhoneのパスコード入力も求められます。

アップデート時には、Apple Watchが以下の条件を満たしている必要があります。

  • Wi-Fi接続されている
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている

またiPhoneはWi-Fi接続されている必要があります。

公式サポート情報:Apple Watch 上のソフトウェアをアップデートする – Apple サポート

ニュース解説

iOS 11.2で対応した個人間送金機能「Apple Pay Cash」が、Apple Watchでも利用可能になっています。
「Apple Pay Cash」はいまのところ米国限定で、日本では利用できません。
使い方や詳細が、英語版Apple Newsroomで伝えられています。

watchOSのアップデートはiOS以上に時間がかかるので、朝出かける前などには行わないでください。

関連記事

  1. 【レビュー】AndMesh Mesh Case for iPho…
  2. 【ニュース】iPhone 7での写真撮影テクニックを動画で紹介す…
  3. 【新製品ニュース】iPhone 6/6s・6 Plus/6s P…
  4. 【iTunes Store 今週の映画】ヒュー・グラント、マリサ…
  5. 【iTunes Store】Perfumeのミュージックビデオ「…
  6. 【豆知識】iPhone 7/7 Plusは、iPhone 6s/…
  7. 【リンク】Apple Watch用「watchOS 4.1」の先…
  8. 【ニュース】iPhone 7のテレビCM「iPhone 7」

ピックアップ記事

ピックアップ記事

PAGE TOP