iPhone

【ニュース】Apple Watch Series 3でスキー・スノーボードの運動量を記録可能に。watchOS 4.2から他社製アプリで

Apple Watch Series 3

Apple Watch Series 3が、スキー・スノーボードの運動量を記録できるようになったと、Appleが発表しています。

Apple Watch Series 3

watchOS 4.2以降のApple Watch Series 3に追加された機能です。
他社製のアプリを使って、ダウンヒル・スノースポーツの距離、平均速度、滑走回数、標高差を記録し、「アクティビティ」のワークアウトに反映させられます。

Apple Watch Series 3

対応アプリとして、「snoww」「Slopes」「Squaw Valley | Alpine Meadows」「SNOCRU」「Ski Tracks」が紹介されています。
各アプリの最新版が必要です。
各アプリとも自動的に計測の中断・再開も機能し、Apple Watchのアクティビティリングに加算されるほか、「ヘルスケア」にも記録されるとのこと。

また、日本の開発会社フラスクが公開しているアプリ「Zones 心拍トレーニング」も対応していると、日本向けの記事では触れられています。

ニュース解説

他社製アプリによるダウンヒル・スノースポーツの計測は、昨年12月に公開されたwatchOS 4.2から搭載されている機能です。
各種アプリケーションのアップデートにより、正式に使用可能となったようです。
気圧高度計を内蔵している、Apple Watch Series 3にのみ対応しています。
Appleの発表では、長野オリンピックで金メダルに輝き、「Squaw Alpine Mountain」のアンバサダーを務めるモーグル選手、ジョニー・モズレーのコメントも伝えられています。

関連記事

  1. 【豆知識】AirPodsで音量調節・音楽を操作する方法。Siri…
  2. 【iTunes Store 今週の映画】ヒュー・グラント、マリサ…
  3. 【ニュース】iPhone 6sの新しいテレビCM「Less Ti…
  4. 【新製品】骨伝導Bluetoothヘッドホン「AfterShok…
  5. 【レビュー】Belkin Boost Up Wireless C…
  6. 【新製品】iPhone 7/8用・7 Plus/8 Plus用の…
  7. 【新製品】LightningやUSB Cなど、4つの端子を搭載し…
  8. 【iTunes Store】映画「JUNO/ジュノ」の購入500…

ピックアップ記事

ピックアップ記事

PAGE TOP