iPhone

【レビュー】iPhone X用ガラスフィルム Spigen GLAS.tR SLIM

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

SpigenのiPhone X用ガラスフィルム「GLAS.tR SLIM」をレビューします。
強化ガラス素材を使用した、画面保護フィルムです。
レビューにはメーカーから評価用に提供いただいたものを使用しています。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ iPhone X用は、クリーニングクロス、アルコールクリーナー、ホコリ取りシール、説明書のセットです。
いまでこそ定番アイテムになっているiPhone用のガラスフィルムですが、Spigenの「Glas.t」(グラスティー)シリーズがその先駆けであり、人気の火付け役となったものです。
ガラスの厚さ0.4ミリ、表面硬度9Hで、フチの部分に丸みを持たせる「ラウンドエッジ加工」が施されています。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ iPhone Xの画面表示部分と、ほぼ同じ大きさに作られています。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ 実際に貼り付ける前に、iPhoneの上に置いて、仕上がりイメージを確認します。
どこを目印に位置合わせするかを決めておきます。
従来のiPhone用液晶保護フィルムは、電話受話口とホームボタンを目印に、位置合わせすることができました。
iPhone Xの場合は、ホームボタンがないために、画面上部の「切り欠き」しか目印がありません。
その切り欠きも、画面をスリープしていると、画面の黒と溶け込んで位置が判然としません。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ そこでiPhone Xでは、画面のスリープを解除(点灯)して作業すると、位置合わせがしやすいです。
貼り付け位置の確認も、画面を点けて行います。
切り欠きのラインをぴったり合わせて貼ると良さそうです。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ 貼り付け作業に入ります。
画面を拭う段階から、画面は点けっぱなしにします。
スリープ解除するには画面操作が必要なので、画面を拭う前にタッチ操作を済ませておくためです。
画面がスリープしないように、
設定 > 画面表示と明るさ > 自動ロック
の項目を「なし」にしておきます。
画面の焼き付きが心配かもしれませんが、一時的なことなので問題ないでしょう。
画面は明るくしたほうが、より位置合わせしやすいです。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ 最初にクリーニングクロスで、大まかな汚れを取り除きます。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ 続いてアルコールクリーナーで、指紋や皮脂汚れなどをしっかり落とします。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ 最後にホコリ取りシールで、画面全体をペタペタして、ホコリを取り除き、準備完了です。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ 粘着面には、「Back」というタブ付きの剥離シートが貼られています。
すぐさま貼れるように、画面の上に持ってきてから剥がします。
移動する間に、ホコリを吸着する恐れがあるためです。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ つかみやすいように、フィルムに「耳」が貼られています。
上から覗き込んで位置合わせします。
「切り欠き」のラインを合わせつつ、画面のラインと並行になるよう確認しながら、iPhoneに載せます。
ほぼ自動的に、画面に吸着していきます。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ 幸い一発で、綺麗にはることができました。
表面に貼られた保護シートを剥がします。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ 貼り付け直後は、エッジの部分が浮いているので、そっと押さえて吸着させます。
画面のスリープの設定と、明るさの設定を戻しておきましょう。
これで作業は終了です。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ iPhone Xに貼り付けたところ。
エッジが浮くことなく、綺麗に仕上がっています。
このページの写真はあえて、ごみ取りなどの画像処理をしていません。

エッジに正体不明の白い点がいくつか見え、ホコリの混入もゼロではありませんが、実際にはほとんど目立ちません。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ 正面から見ると、画面表示部分をしっかりカバーしています。
少しでも斜めにずれると、ガラス湾曲部分にはみ出して、縁が浮いてしまうと思われます。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ 光沢があり、画面が鮮やかに見えます。
画面のラインとガラスフィルムのエッジが一致しているので、自然に見えます。
iPhone 6〜8に平面タイプのガラスフィルムを貼ると、不自然な見た目になりましたが、このiPhone X用は違和感が少ないです。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ 横から覗き込むような角度で見ると、画面がはみ出して見えます。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ オレオフォビックコーティング(撥油コーティング加工)が施されており、指滑りがよく、画面操作しやすいです。
画面の端からスワイプすると、ガラスのエッジが手に触れます。
iPhone 6〜8用のガラスフィルムと比べると、それほど気になりません。
iPhone 6〜8シリーズは、画面の中からガラスの湾曲が始まっていました。
iPhone Xの表示部分は平面で、ガラスフィルムとの相性はいいようです。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ 貼り付け前と比較すると、厚みは0.5ミリ増しました(7.7mm→8.2mm)。
ラウンドエッジ加工により、iPhone本体のガラスの湾曲に沿っているように見えます。

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

▲ 平面部分のみを覆うので、ほとんどのケースと干渉せずに併用できます。

まとめ

Spigen GLAS.tR SLIM for iPhone X

iPhone用ガラスフィルムで定評のある、「Spigen Glas.t」シリーズの最新版です。
画面を点灯させて貼れば、位置合わせも簡単で、綺麗にしあがりました。
画面をしっかり覆いつつ、湾曲面にはみ出して浮きが発生することもない、絶妙な大きさです。
ケースとの併用もしやすいです。
iPhone Xの美しい画面をしっかり守れる、貼っておくと安心な製品です。

iPhone X用ガラスフィルム「Spigen GLAS.tR SLIM」は、以下のオンラインショップで購入できます。
通常価格は税込1,990円(税別1,843円)です。
Amazon店では割引販売されています。

関連記事

  1. 【ソフトウェア情報】iOS 9.2.1 ソフトウェア・アップデー…
  2. 【セール】フォーカルポイント「決算大感謝セール 2017」開催。…
  3. 【新製品】心拍数センサーを内蔵した、スポーツ向けBluetoot…
  4. 【編集後記】Apple公式サイトの「iPhone 7での写真の撮…
  5. 【キャンペーン】Apple Store「12回払いショッピングロ…
  6. 【iTunes Store 今週の映画】ウォシャウスキー姉妹監督…
  7. 【App Store 今週の無料App】Apple TVでも遊べ…
  8. 【豆知識】オンラインで注文した商品をApple Store店頭で…

ピックアップ記事

ピックアップ記事

PAGE TOP