iPhone

【豆知識】見られたくないメモをパスワード・Touch IDでロックする(iOS 9.3)

メモのロック方法

iOS標準の「メモ」アプリには、ひとに見られたくないメモをロックする機能があります。
設定したパスワードを入力するか、Touch ID(指紋認証)を使わないと、ロックしたメモを開けないようにできます。
個人情報などの重要データの記録や、プライベートな写真の保存などに利用できます。
メモのロックは、これはiOS 9.3で追加された新機能です。

メモをロックする

メモのロック方法

▲ ロックしたいメモのアクションボタンをタップして、「メモのロック」を選びます。

メモのロック方法

▲ ロック解除用のパスワードと、パスワードを忘れたときのためのヒント、Touch IDの使用の有無(対応機種のみ)を設定します。
パスワードの入力に3回失敗すると、ヒントが表示されます。
ロックの設定をしたすべてのメモが、同じパスワードで保護されます。

ロックされたメモを開く

メモのロック方法

▲ ロックされたメモには、鍵のアイコンが表示されます。
メモをロックした場合でも、一行目の冒頭は、タイトルとして一覧リストに表示されます。
冒頭には重要な内容を書かないようにしてください。

メモのロック方法

▲ 「メモを表示」をタップして、Touch IDを使うかパスワードを入力すると、解錠されてメモを見られます。

メモのロック方法

▲ ひとつのメモをロック解除すると、ほかのメモも連動して閲覧可能になります。
メモを開いて、解錠された鍵のアイコンをタップすると、再びロックできます。
端末を一度ロック(スリープ)させることでも、再度ロックされます。

ロックされたメモも、iCloud経由でほかのデバイスに同期されます。
ほかのデバイスでも、パスワードを入力しないと閲覧できません。
iOS 9.3未満のデバイスには、パスワードロックされたメモは同期されません。

ロックを解く(ロックを削除)

メモのロック方法

▲ パスワードロックしたメモを、通常のメモに戻すこともできます。
メモを開いてから、アクションメニューから「ロックを削除」を選びます。

パスワードを変更する

メモのロック方法

▲ 設定 > メモ > パスワード
で、メモのパスワードを変更できます。
変更には古いパスワードも必要です。

メモのロック方法

▲ パスワードの変更前にロックしたメモを開くには、古いパスワードが必要になります。
古いパスワードを使ったメモを開いた際に、新しいパスワードに統一するかを尋ねられます。

設定画面にある「パスワードをリセット」は、パスワードを忘れてしまったときに、新しいパスワードを設定するためのものです。
Apple IDのパスワードを入力することで、これまで使っていたパスワードをリセットできます。
リセット前にロックしたメモは、リセットしてもロック解除されるわけではありません。
閲覧にはロックした時のパスワードが必要です。

パスワードを知らなくても削除はできる

メモがロックしてあっても、削除は誰にでもできます。
削除したメモは、30日間は「最近削除した項目」にプールされますが、ここからさらに削除することもできます。
悪意を持った第三者が、自分には見られないメモを、削除してしまう可能性はあります。
紛失しては困る内容の記録には向きません。

関連記事

  1. 【レポート】UNiCASE店頭販売のiPhoneアクセサリ福袋を…
  2. 【豆知識】iPhone Xが顔に近すぎると、Face IDが認識…
  3. 【新製品ニュース】機動戦士ガンダムとギルドデザインのコラボによる…
  4. 【セール】PATCHWORKSのiPhone 7/7 Plus用…
  5. 【ニュース】第4世代Apple TVを値下げ。従来価格から最大4…
  6. 【新製品】DeffのiPhone 7/7 Plus用バンパーに、…
  7. 【ニュース】「BeatsX」Apple公式サイトで全4色の予約受…
  8. 【新製品ニュース】Apple Pencilも置ける、iPad/i…

ピックアップ記事

ピックアップ記事

PAGE TOP