iPhone

【豆知識】iPadのApp Storeで、iPhone向けアプリをダウンロードする方法(検索結果を「iPhoneのみ」に切り替える)

iOSアプリケーションの種類

App Storeで公開・販売されているiOS用アプリケーションは、対応するデバイス別に、以下の3種類があります。

  1. iPhone用(iPod touchにも対応)
  2. iPad専用
  3. ユニバーサルアプリケーション(iPhoneとiPadの両方に最適化されたアプリ)

iPadは、iPhone向けに開発されたアプリもインストールして使うことができます。
しかしiPadのApp Storeで検索しても、そのままではiPhone向けアプリはヒットしません。

iPadのApp Store

▲ 検索結果の画面で、「iPadのみ」となっている項目をタップして「iPhoneのみ」を選択します。

iPadのApp Store

▲ これで検索結果に、iPhone向けの画面サイズで開発されたアプリが現れます。

補足

  • iPadのマルチタスクでSplit View(2画面)にしている場合は、「iPadのみ」「iPhoneのみ」の選択項目は表示されません。
  • iPhone向けのアプリをiPadで立ち上げた際に、画面の「2x」をタップすると、表示領域が2倍に拡大されます。
    拡大モード時に「1x」をタップすると、もとの大きさに縮小されます。
  • App Storeで「+」マークが付いたものは、iPhoneとiPadの両方の画面サイズに最適化された「ユニバーサルアプリケーション」です。
  • iPad専用アプリを、iPhoneにダウンロード/インストールすることはできません。

関連記事

  1. 【新製品】iPhone 7用の、2ピース構造のバッテリーケース「…
  2. 【セール情報】ソフトバンクセレクションオンラインショップで全商品…
  3. 【ソフトウェア情報】Apple Watch用「watchOS 2…
  4. 【ニュース】Apple公式サイトで新しいコンテンツ「ファミリー」…
  5. 【新製品ニュース】「ズートピア」のデザイン柄入りiPhone 6…
  6. 【新製品ニュース】画面もクリアカバーで保護されたiPhone 6…
  7. 【App Store 今週の無料App】Apple TVでも遊べ…
  8. 【セール】iPhone 6s/6s Plus用ケースを均一価格で…

ピックアップ記事

ピックアップ記事

PAGE TOP