iPhone

【豆知識】iPhoneをリサイクル・譲渡・売却するために、保存されたデータを消去する

iPhoneのデータを消去する

Appleでは地球環境保護のために、製品のリサイクル(回収)を行っています。
iPhone/iPad/Macの該当モデルなら、Apple Storeのギフトカードに交換してもらえたり、新しいiPhoneが割引される「下取り」も行われています。

リサイクルや下取りに出す際には、個人情報の保護およびデバイスの再利用のために、いま入っているデータを消去する必要があります。
ほかの買い取り業者に売却したり、知人に譲渡する場合も同様です。

Apple公式TwitterアカウントApple Support(@AppleSupport)ではアースデイに合わせて、データを消去する方法を動画で紹介しています(英語のみ)。

大まかな手順としては、

  1. データのバックアップ(iCloudかパソコンのiTunes)
  2. iCloudからのサインアウト
  3. データの消去(設定で「すべてのコンテンツと設定を消去」)

になります。
Apple Watchを使っている場合は、Apple Watchとのペアリングの解除なども必要になります。
より細かい手順は、以下のApple公式サポート情報で解説されています。

実際にリサイクル等で手放すためにデータを消去するは、新しいiPhoneへバックアップデータが正しく復元され、動作確認できてから行うのをおすすめします。

関連記事

  1. 【ニュース】ジョン・F・ケネディ生誕100年記念コンテンツを、米…
  2. 【ニュース】iPhone 7/7 Plus用の純正ケースやアクセ…
  3. 【新製品】博多の街並みを切子の技法で表わしたiPhone 7ケー…
  4. 【ニュース】iPhone 7 + AirPodsのCMシリーズ「…
  5. 【キャンペーン】iTunesギフトやMac/Windowsソフト…
  6. 【新製品】iPhone対応のワイヤレス充電機能付き車載ホルダー「…
  7. 【App Store 今週の無料App】Apple TVでも遊べ…
  8. 【コラム】アクセサリ専門店UNiCASE 札幌パルコに聞いた、2…

ピックアップ記事

ピックアップ記事

PAGE TOP