iPhone

【豆知識】iPhone Xが顔に近すぎると、Face IDが認識されない

iPhone XのFace ID

起床直後の布団の中や、混雑した電車の中など、iPhone XのFace IDが認識されにくい場面があります。
これはiPhoneが顔に近すぎるのが原因だと考えられます。

iPhone Xの「TrueDepthカメラ」は、赤外線を照射して、顔の形状を記録・認識します。
iPhoneと顔が近すぎても遠すぎても、うまく働きません。

iPhone XのFace IDの適した距離

AppleではFace ID使用時のiPhoneの距離について、“顔から25〜50cm離した位置”を推奨しています。
「カメラ」を起動して自撮りモードにし、だいたい顔の口から上がカメラに収まる位置が、認識される距離です。

またiPhoneを横向きに持っている場合も、Face IDは機能しません。
顔に対してまっすぐにiPhoneを保持する必要があります。

公式サポート情報

関連する豆知識

関連記事

  1. 【iTunes Store】「ミュージカル/音楽映画:期間限定価…
  2. 【新製品】SpigenのiPhone 8/8 Plus対応ケース…
  3. 【新製品ニュース】ソフトバンクセレクションのiPhone 6s専…
  4. 【レビュー】Apple純正ケース「iPhone Xレザーフォリオ…
  5. 【豆知識】Apple Music Card・ギフトカードの使い方…
  6. 【新製品】iPhone 7/8・7 Plus/8 Plus用の、…
  7. 【ニュース】iPhone Xの新しいテレビCM「Opens wi…
  8. 【新製品】指を通して落下を防止できる、チェーンを備えたiPhon…

ピックアップ記事

ピックアップ記事

PAGE TOP