先週のニュースまとめ :Android 9(Pie)正式版配信開始!Galaxy Note9発表!【2018年8月4日 ~ 2018年8月10日】 appeared first on アンドロイドアプリが見つかる!スマホ情報ならオクトバ.

">

スマホアプリ

先週のニュースまとめ :Android 9(Pie)正式版配信開始!Galaxy Note9発表!【2018年8月4日 ~ 2018年8月10日】

米Googleは現地時間6日、Androidの最新バージョンである「Android 9」(Pie)の正式版を配信開始しました。当初予想されていた時期よりも早いリリースとなりましたが、Googleの「Pixel」シリーズなどで順次利用可能となっていきます。また、同じく「9」がつくものがサムスン電子から発表になっています。「Galaxy Note」シリーズの最新モデル「Galaxy Note9」が発表されました。

Google

(1) Android 9 Pie正式版リリース

米Googleは6日にAndroid 9(コードネーム「Pie」)の正式版をリリースしました。思いのほか早い時期の登場となりましたが、当初予定されていた機能のうちのいくつかはまだオープンになっていないので、今後のアップデート待ちです。とはいえ、基本部分は実装されていますので、Pixelシリーズなどの対応機種では順次Android 9を利用できるようになります。

また、コードネームは「Pie」(パイ)に正式決定しました。毎回何になるのか気になりますが、今回はかなりオーソドックスだったようにも思いますが、Android 9 Pieというのは、いい感じですね!

さて、そのAndroid 9ではAIの活用が進んでいます。これまでもユーザーの操作履歴などを活用し、電力制御などを行なっていましたが、さらに進んでいます。ユーザーの操作/行動履歴から電力制御し、バッテリーの持ちを伸ばす「Adaptive Battery」、そしてディスプレイの明るさを自動調整する「Adaptive Brightness」などです。

ディスプレイの自動調整機能は今でもありますが、それは周囲の光量に応じて調整するだけのものです。しかし、Adaptive Brightnessでは、ユーザーの操作による細かな調整履歴も学習し、ユーザーにあった明るさに調整してくれます。例えば、夜になると自分でいつも明るさを落としているとか、屋外ではマックスに上げているとか、そうした操作履歴を学習し、自動的に調整してくれるようになりますので、最終的には日常的な調整操作が不要になるかもしれません。

次に行う操作やアプリの候補を提示する機能も進化します。アプリの提案をしてくれる「App Actions」によって、日常的な操作がかなりスムースになるかもしれません。

UIも変わりますし、色々と変化するAndroid 9の本格普及を楽しみにしたいですね!

新製品

(1) Galaxy Note9

サムスン電子が9日に米国で「Galaxy Note9」を発表しました。米国では24日発売となり、その後各国で順次販売開始となる予定です。ただし、日本市場での発売予定や時期はまだ未定です。とはいえ、おそらくNTTドコモ、auから今秋にでも発売になると予想されます。

Galaxy Note9では、専用スタイラスの「Sペン」が大きく変化しました。電磁誘導式での手書き操作が可能な点は同じですが、それに加えてBluetoothでの通信機能を搭載するようになりました。バッテリーも搭載です。Bluetooth対応によって、ボタンが多機能化され、リモコンのように使えるようになりました。

例えばカメラアプリにおいて、Sペンのボタンでシャッターを切ったり、プレゼンの時にスライドを送ったり、といったことを遠隔で操作できます。

本体の基本的なスペックは、ディスプレイは約6.4インチ、解像度が2,960×1,440ドットの有機EL、プロセッサは販売される国や通信キャリアで異なりますが、サムスン電子のExynox9かQualcommのSnapdragon 845、メモリもRAM/ROMが6GB/128GBか8GB/256GBの構成です。8GB/256GBの構成はもはやノートPCなどのレベルになってくるので凄いですね。また、microSDカードスロットも搭載します。

(2) バッファロー「AirStation connect」

バッファローが無線LANルーターの製品ブランドとして新たに「AirStation connect」を発表し、第一弾製品群を明らかにし、販売開始しています。第一弾の製品はルーターの「WTR-M2133HP」と中継機の「WEM-1266」および、それらがセットになったパッケージです。

AirStation connectは「connect」というワードが入っていることから想像できると思いますが、「繋がる」という点が大きな特徴になっています。繋がるというのは、ルーターと中継機が繋がり、広くきめ細かいWi-Fiエリアを構築できる「メッシュネットワーク」技術に対応していることを表しています。

中継機を使うことで、3階建て家屋や鉄筋コンクリートのマンションなど、従来のWi-Fiルーターでは通信エリアの構築に不満を感じていたような場所でも安定したWi-Fiエリアを構築できるといいます。また、スマートフォン向けアプリ「connect」からの各種設定・状態確認などもできます。

それなりの価格なので、安価でシンプルなルーターで十分だという方には不要だと思いますが、今使っているルーターに不満を感じている方には環境改善に向けた有力候補の一つになるかもしれません。
AirStation connect公式サイト

新アプリ

(1) つっこみクイズRPG「マチガイブレイカー」

リイカが新作ゲーム「マチガイブレイカー」の事前登録の受付を開始ました。本作は、ミクシィのメガヒット作「モンスターストライク」の開発で大復活を遂げたゲームクリエイター岡本吉起氏が立ち上げた新会社オカキチがプロデュースする「つっこみクイズRPG」です。

クイズRPGはもちろん他にもありますが、本作の特徴は、「マチガイ」を「ブレイク」して敵と戦っていく点です。

四択クイズの中から間違っているものを選べば敵に攻撃できます。この時、当然ながら1つは正解で残りの3つは間違いです。間違いをまとめて3つ選べば大ダメージ、2つなら中ダメージ、1つなら小ダメージのように、選んだ数でダメージが変わってきます。自信があれば3つ選ぶべきですが、そうでもなければ1つ選べばOKです。正解を選ぶのではなく間違いを選ぶことで、こうした戦略的選択性が生じますので、面白ですね。

注目の新作です!
マチガイブレイカー公式サイト

あとがき

Android 9がついに登場です。今回、UIが大きく変わる点にも注目です。マルチタスクキー(最近使ったアプリの切り替え)がジェスチャー操作になったり、従来のAndroidとは異なりますので、慣れるまではちょっと時間がかかるかもしれません。とはいえ、慣れればこちらの方が速いかもしれません。いずれにしても、おそらく秋モデル・冬モデルにはAndroid 9搭載モデルがあると思いますので、楽しみに待ちたいところです。

今週もGAPSIS編集部がオクトバさんに出張してお伝えしました! 次回もお楽しみに!!

The post 先週のニュースまとめ :Android 9(Pie)正式版配信開始!Galaxy Note9発表!【2018年8月4日 ~ 2018年8月10日】 appeared first on アンドロイドアプリが見つかる!スマホ情報ならオクトバ.

関連記事

  1. 『ヴァルキリーコネクト』にて期間限定☆3キャラの追加やスターフェ…
  2. mysoundプレーヤー:ヤマハの音楽再生アプリ「mysound…
  3. Androidアプリ週間ランキングTOP100【2016/010…
  4. ユニゾンリーグ:『週刊少年サンデー』とのコラボを開始!『名探偵コ…
  5. ジャンプチ ヒーローズ:待望のサービス開始!
  6. 剣と魔法のログレス いにしえの女神:【8/6】イベント・キャンペ…
  7. KDDI:auのCMでおなじみ浦ちゃんが歌うau新CMソング「三…
  8. 地震サーチ:いざというときの備えに! 地震予測アプリ配信開始!

ピックアップ記事

ピックアップ記事

PAGE TOP