スマートフォン

カシオ、同社初となる Android Wear 搭載の防水防塵や耐衝撃に対応したタフネススマートウォッチ「WSD-F10」発表

CASIO WSD F-10 カシオ、同社として初となる Android Wear を搭載したスマートウォッチ「WSD F-10」発表。防水防塵や耐衝撃に対応したタフネス仕様で、アウトドアなどでの利用に向いています。2016年4月より米国にて価格500ドル(約6万円)前後で発売予定。 ■ スペック OS: Android Wear ディスプレイ: カラーとモノクロのデュアルレイヤー液晶 タッチパネル 解像度: 320×300 通信: WiFi 802.11 b/g/n, Blueooth 4.1 センサー: GPS, デジタルコンパス, 気圧, 気温, 心拍センサー バッテリー: 容量不明 (1日以上の連続使用が可能) 筐体カラー: オレンジ、ブラック、グリーン、レッド その他: マイク・バイブレーション内蔵、50m 防水、防塵、耐衝撃 (MIL-STD-810) 対応 カシオ、毎年1月に米国ラスベガスで開催される国際家電見本市 CES 2016 にて、同社として初となるウェアブル端末向け OS Android Wear を搭載したスマートウォッチ「WSD F-10」発表。2016年4月以降より米国にて価格500ドル(約6万円)前後で発売するとしています。日本での国内販売はまだ案内されていません。 「WSD F-10」はカシオの腕時計らしいタフネス仕様のスマートウォッチで、水深 50m 防水や防塵に対応するほか、米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」となる耐衝撃などに対応。登山やフィッシング、サイクリングなどのアウトドアに最適としています。 また、Android Wear スマートウォッチとしては世界初となる、カラーとモノクロのデュアルレイヤーディスプレイを採用。場面に合わせた省電力表示や日光下での見やすさを実現しています。時計のみの表示の場合1ヶ月以上も充電なしで使用できるとしています。本体側面部にはタッチパネル以外でも操作できるように大きめの物理ボタンが3つ備わっています。 Casio Press Conference from CES 2016 – YouTube https://youtu.be/dkrd-73aiy4

関連記事

  1. ジャパンディスプレイ、タッチセンサーを内蔵したプレミアムモバイル…
  2. ソフトバ…
  3. サムスン、業界初となるウェアブル端末向け 14nm プロセス L…
  4. BLU、指紋センサー搭載 LTE Cat.6 通信対応 5.5イ…
  5. ドコモ、スマートフォン「Galaxy S7 edge SC-02…
  6. ZTE、大容量 4000mAh バッテリー搭載 5インチスマート…
  7. ASUS、RAM 6GB や2300画素カメラ指紋センサー搭載 …
  8. ソニーモバイル、Android 7.0 Nougat バージョン…

ピックアップ記事

ピックアップ記事

PAGE TOP