スマートフォン

グーグル、オラクルとの特許紛争回避のため Android N 以降の次期 OS バージョンで JAVA API を OpenJDK へ変更するとの情報

Google use OpenJDK in Android N later グーグル、Android OS に使用されている JAVA API を、次期バージョンとされる「Android N」以降は、オープンソースの Java 開発キット「OpenJDK」に切替えるとの情報。オラクルとの JAVA API に関する特許紛争回避をするために行うと見られています。 ■ グーグルとオラクルの JAVA 特許紛争に関して 2010年8月: グーグル Android に使用されている JAVA 特許侵害をオラクルが告訴。 2012年6月: グーグルの特許侵害はないとの判決が陪審員制度の裁判で出る。 2012年10月: オラクルが JAVA API の著作権を求めて上訴 2014年5月: 地裁により JAVA API 著作権が認められる 2014年10月: グーグルが最高裁へ上訴 2015年6月: 最高裁がグーグルの上告を棄却 グーグルとオラクル (Oracle) では、2010年1月以降より、Android OS に使用されている JAVA 技術に関して争いを行っていました。当初はグーグル側の有利に進んでいたものの、途中でオラクルによる JAVA API の著作権が認められる形となり、最高裁上訴も棄却されたため、グーグルの敗北がほぼ確定的に。 これにより、グーグルでは2015年12月時点で最新 Android OS となる Marshmallow の次期バージョン「Android ...

関連記事

  1. Qualcomm、サムスン 10nm FinFET プロセス技術…
  2. au、スマートフォン「Xperia XZs SOV35」へ SD…
  3. NVIDIA、ゲーミングタブレット「SHIELD Tablet …
  4. ファーウェイ・ジャパン、スマートフォン「honor 8」へギャラ…
  5. ソニーモバイル、IFA 2016 に合わせて9月1日にプレスカン…
  6. 中国 Vivo、Snapdragon 652 RAM 4GB 指…
  7. HTC、光学手ぶれ補正対応1300万画素カメラやオクタコアプロセ…
  8. Xiaomi、LTE 通信対応 Snapdragon 660 搭…

ピックアップ記事

ピックアップ記事

PAGE TOP