スマートフォン

グーグル、オラクルとの特許紛争回避のため Android N 以降の次期 OS バージョンで JAVA API を OpenJDK へ変更するとの情報

Google use OpenJDK in Android N later グーグル、Android OS に使用されている JAVA API を、次期バージョンとされる「Android N」以降は、オープンソースの Java 開発キット「OpenJDK」に切替えるとの情報。オラクルとの JAVA API に関する特許紛争回避をするために行うと見られています。 ■ グーグルとオラクルの JAVA 特許紛争に関して 2010年8月: グーグル Android に使用されている JAVA 特許侵害をオラクルが告訴。 2012年6月: グーグルの特許侵害はないとの判決が陪審員制度の裁判で出る。 2012年10月: オラクルが JAVA API の著作権を求めて上訴 2014年5月: 地裁により JAVA API 著作権が認められる 2014年10月: グーグルが最高裁へ上訴 2015年6月: 最高裁がグーグルの上告を棄却 グーグルとオラクル (Oracle) では、2010年1月以降より、Android OS に使用されている JAVA 技術に関して争いを行っていました。当初はグーグル側の有利に進んでいたものの、途中でオラクルによる JAVA API の著作権が認められる形となり、最高裁上訴も棄却されたため、グーグルの敗北がほぼ確定的に。 これにより、グーグルでは2015年12月時点で最新 Android OS となる Marshmallow の次期バージョン「Android ...

関連記事

  1. ドコモ、スマートフォン「AQUOS R SH-03J」へ AQU…
  2. FREETEL、デュアルディスプレイやテンキーを搭載した二つ折り…
  3. Huawei、デュアルカメラ搭載ノッチ(切り欠け)ディスプレイ採…
  4. ビックローブ、名刺サイズ LTE 通信対応 Android 搭載…
  5. au、Android ベース携帯電話「GRATINA 4G」へ「…
  6. Samsung:体験型イベント「Galaxy Studio To…
  7. ドコモ、スマートフォン「AQUOS ZETA SH-01H」へ …
  8. グーグル、Android Auto を新たに18カ国で提供開始、…

ピックアップ記事

ピックアップ記事

PAGE TOP