スマートフォン

Cerevo、日本メーカー初 Android OS やプロジェクター搭載の変形可能な自走ロボット「Tipron (ティップロン)」登場、12月9日発売

Cerevo Tipron 日本のデジタルファブレス家電メーカー Cerevo (セレボ)、Android OS を搭載した自走ロボット「Tipron (ティップロン)」登場。プロジェクター内蔵で、スマートフォンなどでの遠隔操作も可能。価格229,800円(税別)で2016年12月9日発売。 ■ スペック OS: Android (バージョン未公開) サイズ: 300×340×420mm (変形前) / 300×330×810mm (変形後) 重量: 9.5kg プロジェクター投影画面サイズ: 最大80インチ プロジェクター輝度: 最大250ルーメン 画面解像度: 1280×720 HD カメラ: 5MP 通信: WiFi 802.11 b/g/n センサー: IR (赤外線)、距離カメラ、障害物センサー、9軸センサー 外部端子: USB, HDMI バッテリー: 5900mAh 駆動時間: 約2時間 その他: モノラルスピーカー内蔵 ※ 2016年12月9日にスペック情報更新。 日本のデジタルファブレス家電メーカー Cerevo (セレボ)、毎年1月に米国ラスベガスで開催される国際家電見本市 CES 2016 に合わせて、国内メーカーとしては初となる Android OS を搭載した自走型ロボット「Tipron (ティップロン)」を2016年1月5日に発表。 ロボットでいう頭部のような部分にはプロジェクターを内蔵しており、最大で3メートルの距離から80インチの画面投写が可能。画面解像度は 1280×720 の HD です。プロジェクター部分は格納ができる変形ロボットとなっています。 本体には SLAM モジュールや、IR (赤外線)、距離カメラ、障害物センサー、9軸センサーを搭載しており、ロボットの位置を測定することで特定の場所に移動したり、充電するために自動で戻すなどの行動もできます。また、アプリを利用することでスマートフォンなどで遠隔操作が可能。 ■ 追加情報 2016年12月9日 2016年1月5日に ...

関連記事

  1. OPPO、8コアプロセッサ Snapdragon 616 搭載 …
  2. ダークサマナー:配信6周年! 記念イベント「次元の裂け目」を開催…
  3. ソネット、毎月 500MB までの LTE 通信が無料で使えるデ…
  4. UQ Mobile、耐衝撃から防水防塵、ワンセグやおサイフケータ…
  5. docomo2016年夏モデル!Xperia、Galaxyなどス…
  6. シャープ、ベトナムにてデュアルカメラ搭載 5.7インチスマートフ…
  7. EMTEC、Android 搭載 GameFly 対応ゲーミング…
  8. au、Android 8.0 搭載 3辺狭額縁デザイン EDGE…

ピックアップ記事

ピックアップ記事

PAGE TOP