スマートフォン

SpeedX、Android 搭載 カーボンファイバーフレーム採用の軽量ロードバイク(自転車)「Unicorn」発表、仕様の異なる3タイプ用意

SpeedX Unicorn Dia2, Unicorn Pro, Unicorn X SpeedX、Android 搭載のカーボンファイバーフレームを採用した軽量ロードバイク(自転車)、「Unicorn Dia2」「Unicorn Pro」「Unicorn X」の3機種を発表。2.2インチタッチパネルディスプレイを備えており各種データの表示などが可能。 ■ スペック OS: Android 重量: 約870g ディスプレイ: 2.2インチ タッチパネル 通信: Wi-Fi / Bluetooth センサー: GPS, デジタルコンパス, 高度気圧計, 温度計, 速度計 バッテリー: 容量不明 約20時間駆動 その他: 東レカーボンファイバーフレーム採用 SpeedX、毎年1月に米国ラスベガスにて開催される国際見本市 CES 2017 にて Android を搭載したロードバイク(自転車)「Unicorn」シリーズ発表。東レのカーボンファイバー(炭素繊維) T700 T800 T1000 M50 の4種類を使った強度の高い軽量フレームを採用。 ハンドル中央部分に2.2インチのタッチスクリーンを備えており、速度、パワーバロメーター、地図などの確認ができます。GPS デジタルコンパス, 高度気圧計, 温度計, 速度計などの各種センサーも搭載しておりそれに付随する独自アプリの利用が可能。ディスプレイ部分は取外し可能。ハンドルから手を離さずに操作できるように、ハンドル裏面に操作用のクリックボタンが備わっています。 「Unicorn Dia2」「Unicorn Pro」「Unicorn X」の3モデルを用意。3機種共に油圧式ブレーキを採用、グレードは「Dia2」「Pro」「X」の順に高くなります。価格は「Dia2」が3499ドル(約402,000円)、「Pro」が4599ドル(約529,000円)、「X」が5299ドル(約610,000円)となります。2017年5月以降より順次出荷予定。 Unicorn – SpeedX https://www.speedx.com/en-global/unicorn/

関連記事

  1. ドコモ、2017年夏モデル防水ワンセグ対応の女性をターゲットとし…
  2. UMI、指紋センサー搭載 5.5インチスマートフォン「C Not…
  3. ソフトバンク、スマートフォン「AQUOS Xx3 mini」へ発…
  4. SL Interphase、本体に2つのコンピューターを内蔵した…
  5. ソフトバンク、2016年夏モデル2300万画素 0.6秒 撮影カ…
  6. GiONEE、5020mAh バッテリー搭載 LTE 通信対応 …
  7. au、携帯電話「AQUOS K SHF31, SHF32」へ正常…
  8. au、シニア向け Android ベース二つ折り VoLTE 防…

ピックアップ記事

ピックアップ記事

PAGE TOP